blog index

元気になるブログ

今世の中に間違っていた健康情報があふれ、毎日あなたの健康を失っています。私と一緒にあなたが毎日の生活で失っている健康を取り戻し、3つの視点から本当の健康を手に入れましょう。
気になったり、知りたいことはコメントやメールで教えてください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
下枠
おせち料理を食べましょう。
もうしばらくでお正月ですね。
ただしんです。

今年ももう少ししかありませんね。
そして、お正月が着ます。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
にほんブログ村 健康ブログへ

あなたのクリックで、正しい健康の常識がどんどん拡がり、より多くの人が健康で幸せになれます。ある意味、Web募金ですね。あなたのクリックお願いします!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

お正月といえばおせち料理ですが、
縁起物の詰め合わせという感じがありますね。

数の子は子孫繁栄の意味がこめてあったり
黒豆はまめに働くという意味がこめてあったり
こぶ巻きはよろこぶという意味がこめてあったり
本当に良く考えたなと感心してしまいます。

そんなおせち料理ですが、
新聞を読んでいて知ったのですが、
ここ最近では首都圏の2割の人が
まったく食べないようになっているらしいです。

実にもったいない話です。

もちろん、
文化としてもったいないということもあるのですが、
それ以上に
おせち料理はすごく健康に留意された食事だからなんです。

おせち料理を見てみるとわかりますが、
すごく多種多様な食品がおせち料理の中に入っています。

これらの食品は
昔は神様のささげ物として使われていたもので、
非常に栄養的に優れています。
その上、普通の食事では食べれないくらい
多種類のものを食べれるんです。

つまり、1日30品目が簡単に達成できるんです。
いろんな元気を体に吸収して
一年を頑張ろうと言うものです。

さぁ、みなさんもおせち料理を楽しんでください。

今年は、本当に皆さんのお世話になりました。
ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

今年もあなたが元気になりますように。

にほんブログ村 健康ブログへ

最初にちゃんとしっかりクリックしてくれましたか?忘れちゃった人は、困っている人を助けると思って、ぽちっとクリックをお願いしますね!

2007年12月31日
ただしん
JUGEMテーマ:健康


| ただしん | 食事 | 23:53 | comments(13) | - |
下枠
癌が不治の病じゃなくなる日
前回、すごいことになっているといいましたが、
何がすごいかというと、


なんと、健康ブログランキングの中の健康食品部門で
一位をとることができたのです!

これはブログを始めていら初の快挙だったので
すごく嬉しかったです。
これも、元気になるブログに来てくださる「意識の高いあなた」のおかげですね。
ありがとうございます。

さて、今回はマクガバンレポートの続きです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
にほんブログ村 健康ブログへ

あなたのクリックで、正しい健康の常識がどんどん拡がり、より多くの人が健康で幸せになれます。ある意味、Web募金ですね。あなたのクリックお願いします!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

前回、マクガバンレポートというものについて
少し紹介しました。

そもそもマクガバンレポートは
心臓病の死亡率が一位で、癌は二位でしたが、
心臓病だけでもアメリカの経済がパンクしかねないと言われる程
医療費が増大していたために作成されたのです。

その額は、1977年で1180億ドル(約25兆円)といいますから
しゃれにならない額ですね。

それに考えると
確かに数千ドルの投資でマクガバンレポートを作るというのは
現実的かつ意味のあることですね。

お金の話はどうでもいいのですが、
要は心臓病や癌を抑えたり、治したりする食べ物を
探したのがマクガバンレポートなんです。

今でも不治の病とされている癌ですが、
実はマクガバンレポートには
癌に効く?食べ物が挙げられています。

その効果の高い順に
にんにく、キャベツ、甘草、大豆、ショウガ、セリ科植物、タマネギ、茶、ターメリック、玄米、全粉小麦、亜麻、かんきつ類、ナス科(トマト、ナス、ピーマン)、アブラナ科(ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ)、メロン、バジル、タラゴン、エンバク、ハッカ、オレガノ、きゅうり、タイム、アサツキ、ローズマリー、セージ、じゃがいも、大麦、ベリー類
となっています。

特に、にんにくは効果があるといわれています。
日頃からにんにくを食べていると、
疲れも取れるし、血液はサラサラになるし、がん予防になっていいのかもしれません。

あまり食べ過ぎると
にんにくで気分が悪くなるので
注意してください。

やっぱり、バランスを考えることが大切なんです。

理想的な食事に興味のある方は「元気になる小冊子〜食事編〜」をお薦めします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
元気になる小冊子はこちら。


みなさんもふとした疑問や質問があれば
メールやコメントにどんどんメッセージくださいね。

もちろん、ふつうに感想や意見、なんでもないことを書いてくれるのも
すっごくうれしいです。
最近、コメントがめっきり少ないので
みなさん、書いてくださいね!

それでは、あなたが元気になれますように。

にほんブログ村 健康ブログへ

最初にちゃんとしっかりクリックしてくれましたか?忘れちゃった人は、困っている人を助けると思って、ぽちっとクリックをお願いしますね!

2007年9月22日
ただしん
| ただしん | 食事 | 05:10 | comments(6) | trackbacks(0) |
下枠
野菜ばかり食べるのはやめてください!!
ありがとうございます。
元気になる小冊子を購入いただいた方から
嬉しい声を頂きましたのでのせおきますね。


かなり健康法を勉強をしていて、正直あまり期待せずに購入しました。勉強している私としてはおなじみの知識もありましたが、それでも目からウロコが落ちる新しい知識がちりばめられていました。あまり勉強をしていない人にとっては、普通なら理解するのが難しい新しい知識が豊富にもかかわらず、頭にすらすら入ってくるように作ってある価値のある一冊だと思いました。



かなり衝撃でした。自分がいかに間違っていたのかわかりました。「今まで私は健康のためになんてひどいことをしてきたのだろう。これはまずい」と実感したので私の友人にも、今度お勧めしてみようと思いました。



小冊子どうもありがとうございました。無事届きましたので、早速拝見させていただきました。 感想と致しましては、
1.とにかく文章が読みやすい。かみ砕いて語りかけるような文体で非常に好感が持てました。
2.構成がしっかりしてる。優しいことから入って、専門的なところへ導くこの構成力が素晴らしいです。
3.内容がじっさいの生活に直結していて、興味を持って読み進められます。
4.専門的なことも、さらりとわかりやすく説明されていて非常に理解しやすいです。
5.図画が効果的に配置されており、くどくならずに理解していけます。
これから何度も読み返し、実際に役立てていきたいと思います。 これは、お金を払っても十分読む価値がありますね。

こんな風に、お言葉をいただけると
すごっく作ってよかったって思います。
あなたからの嬉しい言葉も待っていますね♪

ちなみに、現在無料プレゼントと初回特別キャンペーンをしています。
是非、お立ちよりください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
元気になる小冊子はこちら。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
にほんブログ村 健康ブログへ

あなたのクリックで、正しい健康の常識がどんどん拡がり、より多くの人が健康で幸せになれます。ある意味、Web募金ですね。あなたのクリックお願いします!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
さて、そろそろ本題に。

「野菜ばかり食べるのはやめてください」
といわれて、
「あー、なるほど」と思える人はどのくらいいるのでしょうか?

もちろん食べすぎは良くないということなのですが、
どういった理由が思い浮かびますか?
ヒントとして生野菜は特にやめてくださいと付け加えると、

・加熱してないから、ばい菌が残っている。
・サラダは生物で腐っている可能性が高い。
・腐っていなかったら、添加物が沢山入っている。
・サラダばかり食べていたら、栄養不足になる。
といった感じでしょうか?

でも、少し違うのです。
友人の「お産に関するブログ」の妊婦さんの 真夏の落とし穴 と 対処法・・・補足でも書いてあるのですが、
野菜は陰性のものばかりで、
加熱しないと体を冷やしてしまうのです。

最近の女の子は特に
サラダを食べていたら健康的とか
野菜をとるのは大事だからダイエットのときもサラダだけ取っておこうとか
野菜神話のようなものがあって
お手軽なサラダを食べて健康と思っている人がすごく多いです。

でも、
そのために体温がどんどん下がっている人が
すごく沢山います。

女の子に冷え性が多いのは
甘いもの(陰性)をよく食べるっていうのと、
健康を考えてサラダ(陰性)を主体なダイエットをするのと、
無関係なことではないと思います。

冷え性に困っている人は一度その辺を考えてみてください。

また、食べ物の陰性、陽性についてもっと学びたいという人は
元気になる小冊子に詳しく解説しておきましたので、
是非読んでみてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
元気になる小冊子はこちら。

それでは、あなたが元気になれますように。

にほんブログ村 健康ブログへ

最初にちゃんとしっかりクリックしてくれましたか?忘れちゃった人は、困っている人を助けると思って、ぽちっとクリックをお願いしますね!

2007年9月13日
ただしん
| ただしん | 食事 | 12:26 | comments(2) | trackbacks(37) |
下枠
砂糖は体を冷やす
みなさん、大切なお知らせです!!

なんと、ついに、ついに
元気になる小冊子〜食事編〜が出ました。
記念キャンペーンをしていますので
是非、のぞいてみてくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
元気になる小冊子はこちら。



(ちなみに、キャンペーンに数量限定なので
 早い目にいったほうがお得です。)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
にほんブログ村 健康ブログへ

あなたのクリックで、正しい健康の常識がどんどん拡がり、より多くの人が健康で幸せになれます。ある意味、Web募金ですね。あなたのクリックお願いします!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ここまで、
砂糖の良く言われている害のようなものを
話してきました。

今回は少しなじみがないであろう
お話と思います。

漢方とかの考えでは
食べ物には陰と陽があります。
一般的に陰は体をゆるめ、
陽は体を締めます。

陰の食べ物を沢山食べると体が陰性に、
陽の食べ物を沢山食べると体が陽性になります。

陰性の体は体温が低く、
陽性の体は体温が高いです。
体温の高い低いがどのようにあなたの元気に影響するかといいますと
体温が高い状態というのは活発な状態で
体温が低い状態というのは緩慢な状態です。

体の中の臓器をはじめさまざまな箇所が活発に動いていれば
あなたの体はどんどん活発に動き
元気になってきます。

逆に、
体の中の臓器をはじめさまざまな箇所が緩慢に動いていれば
あなたの体の隅々までエネルギーが行き届かず、
体のいろんなところに支障が出てしまいます。
冷え性などはこういう点で見るとすごく良くない状態です。

さらに言わせてもらうと、
アメリカでアイスを食べ過ぎた女性が体温が数度下がって
臓器に支障が出て死亡に至ったという例もあるくらい
体温が高いというのは大切なんです。

と言うことで、
体温に影響を与える食べ物の重要性もわかってもらえると思います。

で、今問題にしている砂糖は陰性の中でも強い食べ物の一つです。
ですので、甘いものを食べすぎると
体温が下がって健康を損なってしまうことになるのです。

もちろん、
これもバランスが大切になってくることですので、
陰性だけでも駄目、陽性だけでも駄目と言うことは
わかっていてほしいと思います。

この食べ物の陰性、陽性ということに関心を持った人のためには
元気になる小冊子に詳しく解説しておきましたので、
是非読んでみてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
元気になる小冊子はこちら。



それでは、あなたが元気になれますように。

にほんブログ村 健康ブログへ

最初にちゃんとしっかりクリックしてくれましたか?忘れちゃった人は、困っている人を助けると思って、人気ブログランキングのクリックをお願いしますね!

2007年9月12日
ただしん
| ただしん | 食事 | 01:57 | comments(2) | trackbacks(2) |
下枠
砂糖は虫歯の原因?
前回の砂糖のお話しをどんどん掘り下げていきます。
前回の砂糖の良くないところは
実は氷山の一角に過ぎないのです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
あなたのクリックで、正しい健康の常識がどんどん拡がり、より多くの人が健康で幸せになれます。ある意味、Web募金ですね。あなたのクリックお願いします!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今回も砂糖について少しわかってもらおうと思います。
何についてかといいますと、
砂糖による虫歯のメカニズムです。

虫歯は砂糖だけではなく、
口内の衛生環境や最近が大きく関わっているといわれますが、
もちろん砂糖と虫歯は深い関係があります。

あなたの持っているイメージはおそらく
口の中には虫歯菌がいて
その虫歯菌は糖分を栄養として活動している。
だから、糖分を取り過ぎると虫歯菌が活発に活動して
虫歯になる。

そうですね。
この考えもおそらく間違っていないのだと思います。

虫歯を持っている人が赤ちゃんにキスをすると
虫歯菌が伝染するといわれたりもしますからね。
(お母さんがご飯を咀嚼して赤ちゃんに食べさせるというのも、
虫歯菌の点で言うと良くないらしいですよ。)


でも、そのほかにも砂糖が虫歯に影響しています。

砂糖を初めとする糖分を取ると
砂糖を取ってから約30秒後から30分間口の中は酸性になります。

口の中が酸性となると
歯の主成分であるカルシウムが唾液中に溶け出して
口の中の酸性を中性にしようとします。
実にうまくできていますね。

でも、
この酸性の度合いが強かったり、
定期的に酸性環境を作り出すと
どんどんカルシウムが歯から溶け出してしまいます。

歯の主成分のカルシウムがなくなると
歯はボロボロになったり、虫歯が発生したりします。
虫歯にならなくても、歯がぼろぼろになると痛みが発生します。

歯の痛みは経験したことのある人は
わかると思いますが、
歯が痛いのか頭が痛いのかどこが痛いのかわからなくなります。
こうなると、歯の痛みがいろいろな所に伝染したように感じ
本当は痛くないのにいろんなところが痛いと認識します。

すると、ストレスや肩こり、思い込みによる病気が始ります。
もちろんこうなると、人に対する余裕もなくなってしまいますね。

こういうことを避けるためにも
アルカリ性の食品を摂りましょう。
もちろん、バランスが重要になります。

それでは、あなたが元気になれますように。

最初にちゃんとしっかりクリックしてくれましたか?忘れちゃった人は、困っている人を助けると思って、人気ブログランキングのクリックをお願いしますね!

2007年9月9日
ただしん
| ただしん | 食事 | 13:04 | comments(2) | trackbacks(3) |
下枠
砂糖を食べれば低血糖!?
ブログを更新しようと思って、
文章を書こうとしたのですが、
久し振りの更新となると何を書こうか考えないと
書けないものですね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
あなたのクリックで、正しい健康の常識がどんどん拡がり、より多くの人が健康で幸せになれます。ある意味、Web募金ですね。あなたのクリックお願いします!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今回はブログを見返してみて
まだ砂糖の怖い話の途中だったことに気が付いたので
その続きを書こうと思います。

砂糖は怖いということはわかっていただけたと思いますが、
砂糖が怖い理由の一つに砂糖を取り過ぎで低血糖になるということが
あるのは多くの方がご存知かと思います。

でも、私はこれを始めて耳にしたとき
砂糖食べて低血糖?
おかしくない?
と思ったので知らない人のために説明します。

砂糖を初めとする糖分をとると、
糖分は体に吸収され血液中の糖分(血糖値)が急激に上昇します。
すると、血糖値を一定に保とうとするために
肝臓からインシュリンが一気に放出されます。

そのおかげで、血糖値は下がってくれるのですが、
急激な血糖値の上昇であったため、
インシュリンも過度に放出されます。
そのため、必要以上のインシュリンが放出されるので
結果として血糖値が通常よりも下がります。

これが砂糖を食べて低血糖の理由です。

低血糖のままだと、
体にさまざまな障害が出るため、
次は血糖値をあげる働きのあるアドレナリンが放出されます。

アドレナリンはご存知の通り
興奮をつかさどる神経伝達物質であるため、
砂糖で低血糖になった人は怒りっぽくなってしまうのです。

悪童マイケルの原因はこういうものだったのです。

最近、彼氏に良くつっかかってしまうと感じた人は
すこしお菓子を控えてみるとうまくいくかも知れませんね。

それでは、あなたが元気になれますように。

最初にちゃんとしっかりクリックしてくれましたか?忘れちゃった人は、困っている人を助けると思って、人気ブログランキングのクリックをお願いしますね!

2007年9月4日
ただしん
| ただしん | 食事 | 00:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
下枠
砂糖中毒は恐ろしい
ご無沙汰しております、ただしんです。
一週間以上ぶりの更新です。

今回は前回に引き続き砂糖の怖い話についてお話します。
前回だけで十分怖いって思っている方もいらっしゃると思いますが、
まだまだ砂糖の恐怖についてわかってもらおうと思っています。

怖いもの見たさっていうことで、是非付き合ってくださいね。

それから、引き続き健康に関する質問は受け付けますので
遠慮せずにどんな些細なことでも書いてみてくださいね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
みんなでミネラルの勉強する前に、今日もこちらをクリック!あなたのクリックで、このブログが上位になり、良い情報がより多くの人に伝わり、正しい健康の常識が拡がり、その結果より多くの人が健康で幸せになれます。人気ブログランキングを宜しくお願いします。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

みなさん、ウィリアム・ダフティーという作家をご存知でしょうか?
彼は自分の人生をかけて砂糖の害を語ってきた作家なのです。

そんな彼の著書に、
「砂糖病(シュガー・ブルース)」という有名な本があります。
その本は彼が人生を通して経験した
砂糖中毒によってひきおこされた様々な苦痛をつづったものです。

その本によると、
ダフティーは8歳の時から砂糖水のとりこになり、
それ以来、清涼飲料水などによる砂糖中毒にかかってしまいました。

思春期の時には、
皮膚が腐っていくのではないかと思うほどの
ニキビが顔や背中に出て苦しみ、
大学の時には、砂糖中毒がひどくなり、
あまりの体調の悪さために大学を中退してしまいました。

やがて第二次世界大戦で戦地に赴き、
ダフティーはそこでも甘い麦芽乳、砂糖入りのコーヒー、
パイ、キャンディー、チョコレート、コーラばかり
飲食していました。

その頃からダフティーは悪性の痔に苦しみ、
死んでもおかしくないような重度の悪性の肺炎にかかりました。
そのため、現地で病院に入院することになり、
やがてアメリカに戻りました。

帰国後、砂糖について何も知らなかったダフティーは
大量の砂糖入りの食物をむさぼり食べ続けました。

すると、決して消えない偏頭痛がダフティーを襲い
それに耐えかねたダフティーは病院へ検査を受けに行きます。
しかし、検査を受けた結果わかったことは、
ガンなし、脳腫瘍なし、異常なしということだけでした。

どこも悪くないはずなのに体はどんどん蝕まれていく。
そんな状況のダフティーは落ち込み、
もう自分はダメなのではないかと思いはじめました。

そんなある日に、
友人が勧めてくれた食事療法の本の中に
「砂糖はアヘンよりも致命的で放射能の死の灰よりも危険な毒である」
という一文を読み、初めて砂糖が恐ろしい食べ物であることを知りました。

以来、ダフティーは食生活を根本から方向転換し、
完全穀物と野菜のみの食事にしました。

そして、
はげしい好転反応を乗り越えて、
短い間に驚くほどの健康体になったのです。
その劇的な様子を引用すると・・・。

『好転反応を乗り越えてからの数日間は驚きの連続だった。
 痔は出血しなくなり、歯茎の出血も止まった。
 肌のツヤもよくなりはじめ、体を洗うと以前とはみちがえる肌合いとなった。
 水膨れの肉の下に隠れていた腕と足の骨も存在を主張しはじめた。
 早朝にベッドを抜け出すこともできた。

 こんなことはめったになかったことだ。
 頭もふたたび回転しているようだったし、もう問題は何もなかった。
 シャツはダブダブになり、靴もブカブカになった。
 そして、ある朝、顔をあらっていると、ほお骨を発見した。

 この幸福の物語をひとことで表現すると、
 5ヶ月間に私の体重は約93kgから約61kgに減り、
 私の肉体と頭は生まれ変わり、
 私の生活はまったく新しいものになった』

もし、ダフティーが桜沢如一氏の本との出会いがなく、
砂糖中毒で砂糖を取り続けていたならば、
彼は体だけでなく、前回お話したマイケル君のように心も破壊していた事でしょう。

後にダフティーは自然食主義で有名な女優グロリア・スワンソンと結婚し、
砂糖の毒性を世界中に訴えるジャーナリズム活動を展開したということです。

それでは、あなたが元気になれますように。

最初にちゃんとしっかりクリックしてくれましたか?忘れちゃった人は、困っている人を助けると思って、人気ブログランキングのクリックをお願いしますね!

2007年5月20日
ただしん
| ただしん | 食事 | 04:55 | comments(7) | - |
下枠
甘いもので性格ブスになるって本当?
みなさん、GWはいかがお過ごしでしたか?

私は、ちょっと用事があって遊べなかったのですが、
天気の良い日が多くて、ハイキングにでも行きたいなって思いました。
外になかなかいけなかった分、
またこのブログで紹介できそうな興味深い話を聞いてきました。
お楽しみにしてくださいね。

・・・
それにしても、再びずいぶんご無沙汰にしてしまいました。
最近、忙しくてなかなか更新できていません。
楽しみにしてくださっている皆様には申し訳ありません。

まだもうすこしこんな感じで
更新もなかなかできないこともあると思いますが、
大目に見てやってください。

それから、引き続き健康に関する質問は受け付けますので
遠慮せずにどんな些細なことでも書いてみてくださいね。

それでは、前回好評だった砂糖に関するお話、第2弾です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
みんなでミネラルの勉強する前に、今日もこちらをクリック!あなたのクリックで、このブログが上位になり、良い情報がより多くの人に伝わり、正しい健康の常識が拡がり、その結果より多くの人が健康で幸せになれます。人気ブログランキングを宜しくお願いします。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

これは本当にあった話です。

1964年のことです。
ロンドンで 開催された「社会精神医学国際会議」で、
リチャードマッカーネス博士がある衝撃的な報告をしました。

そのタイトルは、「悪童マイケル」というものでした。

内容はマッカーネス博士が、
ある中流家庭の小学生マイケル君の診断をして
発見した驚きの事実についてでした。

マイケル君はたいへん喧嘩好きで、
学校でも家庭でも、勉強にも遊びにも集中できず、
忍耐強く何かをやり通すことができませんでした。

家ではすぐ玩具を壊すし、
兄弟をつねったりひっかいたりして
喧嘩が絶えません。

その上、マイケル君は、
いつも落ち着かず、手が震えていました。
そして、話をしようとするとよくどもるし、
気性はイライラして怒りっぽく、
情緒が不安定で、自分の爪をよく噛んでいました。

いうなれば、マイケル君は典型的な「悪童」だったのです。

しかも、彼は夜になるとよく眠れず、
しばしばひどくうなされたりしていたのです。

そこで、マッカーネス医師は
普段マイケル君がどんなものを食べているかを
調べてみました。

マイケル君の家は両親が仕事を外でしているため、
生活がかなり不規則でした。

とくにマイケル君は、いわば「鍵っ子」的生活をしていて、
両親はマイケル君が一人でも不自由しないようにお金を沢山与えていました。
マイケル君はお金をかなり自由に使う事ができたので、
毎日自分の好き勝手な食事をしていたというのです。

マイケル君が毎日主として食べていたものは、
アイスクリーム、種々のケーキ、種々のチョコレート、
精製シリアル、「グディーズ」と呼ばれる菓子類、ボン・ボン、
ミルクセーキ、ミルクチョコレート、白パンと
加工食品ばかりでした。

マッカーネス博士は、
マイケル君の問題が日常の食物と関係あることを直感したので、
マイケル君のお母さんと相談してひとつの試みをしてみました。

博士は、マイケル君にそれらの食べ物をすべてやめさせ、
そのかわりにたくさんの野菜と黒パンを食べさせました。
特に砂糖は一切食べさせないようにし、
肉類もなるべく控えさせるようにしてみました。

1週間このような食事を続けさせたところ、
問題となっていたマイケル君の行動がみるみる消えてゆき、
数週間もたつと驚くほどに違った良い子になったのです。

こうした状態がしばらく続いた後、
マッカーネス博士はマイケル君に以前と同じような食事を取らせてみました。

すると、数日後にお母さんから電話がかかってきて、
マイケル君がまた以前のような「悪童」に戻ってしまった
というではないですか。

そこで博士とマイケル君のお母さんは、
再び砂糖を一切用いない食事に戻してみました。

そうすると数日後には「悪童」はふたたび「よい子」に変身したというのです。

マッカーネス博士はこうした「実験」を何回か繰り返し、
その結果をまとめて会議で報告をしたのです。

これらの内容は、よく考えれば考えるほどじつに深刻なものでした。

これは、わたしたちがどんな食事をすべきかについての重要な報告です。
実際マッカーネス博士はこの発見を機に、
リッチモンドでの診察活動をやめ、
食物の大切さを人々に知らせるという仕事に専念することを決意したのです。


この話はすごく現代人には重要ではないでしょうか。
甘いものはその場はすごく良い気分になれますが、
長い目で見ると悪い気分になってしまうのかもしれません。

砂糖のお話はまだまだ続きます。
それでは、次回をお楽しみに。

それでは、あなたが元気になれますように。

最初にちゃんとしっかりクリックしてくれましたか?忘れちゃった人は、困っている人を助けると思って、人気ブログランキングのクリックをお願いしますね!

2007年5月9日
ただしん
| ただしん | 食事 | 14:33 | comments(9) | trackbacks(2) |
下枠
バランスのミネラル2「ナトリウム」
もうGW突入された方もいらっしゃるんでしょうね。
私は暦どおりに動く予定です。

さて、まず最初にずっと楽しみにして待ってくださった方
お待たせしてすみませんでした。

毎日毎日、遊びに来てくださった方もいるのに、
更新できていなかった。
本当に良くないなぁと思いました。

こんなにテンポが悪いと読む方も楽しくなくなってしまって
せっかくの貴重な知識を得ることが苦痛になってしまうと思いました。

そこで、ちょうどミネラルの話もそろそろ終わることですし、
今までの食事と健康の話や
ブログ上で話すとちょっと問題になりそうな話や
皆さんの知りたい話など
を元にまとめた小冊子を作成しようかなと思っています。

このブログ以上に価値のあるものになることは間違いありません。

そこで、皆さんに食事と健康に関して知りたいことに関して
ブログのコメントにて知りたいことを教えていただきたいと思います。

コメントを書いてくださった方の中から
3名の方を私がコメント内容を読んで選んび、
その3名の方には無料でその小冊子を差し上げようと思います。
今のところ小冊子の値段は内緒にしておきますが、
その価値に見合った値段になる予定です。

みなさんの沢山のコメント待っていますね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
みんなでミネラルの勉強する前に、今日もこちらをクリック!あなたのクリックで、このブログが上位になり、良い情報がより多くの人に伝わり、正しい健康の常識が拡がり、その結果より多くの人が健康で幸せになれます。人気ブログランキングを宜しくお願いします。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□今日は最後のミネラルのお話です。

最後を飾るミネラルはなんと「ナトリウム」なんです。

ナトリウムと聞くと、まず思い出すのは
塩化ナトリウム=塩ではないでしょうか?

塩と聞くと条件反射で
食べ過ぎてはいけないと思って
ついつい減塩食品を手に取る方も多いかと思います。
では本当に塩は体に悪いのでしょうか?

実は、塩は高血圧のもとだということを
アメリカの米国のダール博士とメーネリー博士が実験により証明し、
学術論文に投稿したことが始まりなのです。

例えば、メーネリー博士の実験を見てみますと、
10匹のねずみのエサに通常の20倍の塩を加え、
さらに、飲み水にも1%の塩といった塩漬けの毎日を遅らせた後、
半年後には10匹のうち4匹が高血圧になったといったものでした。
しかも、残り6匹は何の変化もありませんでした。

もちろんこのような実験がでたらめであることは各人が最も知っており
博士たちは自分の書いた論文が間違っていることを認め、
塩は高血圧の原因ではないということを発表しました。

でも、その情報は日本には入ってきませんでした。
情報が入ってこないことが減塩ブームの追い風となり
みるみるうちに減塩=健康というにまで至りました。
さて、その結果どうなったでしょうか?

減塩病という今までになかったことが発生しました。
減塩病とは減塩のし過ぎで体が動かなくなる病気のことです。

人間の細胞は60兆個あるとされていますが、
この細胞を働かすには塩のナトリウムや塩素及びその他のミネラル類が
バランス良く存在していなくちゃならないのです。

不足したり、バランスを崩したりすると
脳からの指令が手足に伝わらないし、
新陳代謝が低下するので動けなくなるのです。

こういうと
「ミネラルはそれぞれに沢山含んでいる食品があるんだから
それを食べたらいいんじゃないの?」
といわれそうですが、
実は全てのミネラルの起源は塩にあるといっても過言ではないのです。

ミネラルはそもそも、
一般的な有機物に含まれる元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外に、
生体にとって欠かせない元素のことを指すわけです。
肉も魚も野菜も・・・ほぼ全ての食品は有機物です。

それ以外にあなたが口にするものとはなんでしょうか?

それは水と塩なんですね。
ではどうして食品にミネラルが入っているかというと、
水は地下から川を流れるにかけて
岩や鉱物から少しずつミネラルが溶け出してきます。

すると、水はミネラルたっぷりになり、
その水を吸った植物はミネラルを吸収することができます。
そして、その植物を食べた動物もミネラルを吸収することができます。

一方、塩はそれそのものがミネラルの塊で
あなたが口にするもので塩ほどミネラル豊富なものはないのです。

あなたのお給料はサラリーと呼ばれますが、
もともとはラテン語のSalarium(塩の)から着ているのです。
それくらい塩は昔の人にとっては大切なものと認識されており、
動物たちは本能的にそのことを知っていて、
水からだけでは不十分なミネラルを自分たちの尿や岩塩などからとることにしています。

このくらい話せば、
塩がミネラルのある意味唯一の源であることに気が付いてもらえたと思います。
つまり、塩はあなたにとってものすごく重要なものなんです。

ではどうして、塩があなたにとって重要なのでしょうか。
塩は塩素とナトリウムからできていますが、
塩素については以前やったので
ナトリウムについて話してみます。

ナトリウムは主に細胞の外側に多く存在します。
細胞内にあるカリウムと連携し細胞膜の浸透圧調節や細胞液のpH調節、
血液中にミネラル成分が溶け出すのを助ける働きをします。

また、カリウムとの共同作業で細胞の物質交代を助けます。
さらにはカリウムとのバランスにより
筋肉や心筋を弛緩させたり、神経の興奮を収めるはたらきもしています。
しかし、その際ナトリウムが正常に機能するためには
マグネシウムが十分に摂取されていることが条件です。

体液の酸アルカリバランスや体液の量を調節し
電解質のバランスを整えトータルで細胞外の機能を高めます。

もし、細胞の内側が外側よりナトリウムが高濃度のときは
ナトリウムを余剰分を体外へ排出しようとしますが、
ナトリウムの場合は、濃度を一定に保とうとするために、
外側から内側に水を入れて同じ濃度にすることになります。

お風呂に入ると身体が水を吸ってふやけるのはこのためです。
反対に外側の方が内側より高濃度だったとしたら、
水は内側から外側に出ていこうとします。
そうすると細胞は細胞は干からびてしまい、
細胞は生きられなくなるのです。

また、胃酸や腸の消化液の分泌を促進して消化機能を良くすることで、
食欲の増進につながりますし、
カルシウムをはじめとした、他のミネラルの吸収を促します。
さらには暑さによる疲労(熱中症)や日射病を予防するというのですから
こりゃ大切ですね。

そんな大切なナトリウムは
あなたの体の中に約100gくらい含まれます。
主に塩化ナトリウム・重炭酸ナトリウム・リン酸ナトリウムとして体液中に存在します。
ナトリウムを多く含む食品食塩の一日の目標値は10gです。
しかし、ナトリウムは塩味のもとですから、
普段から心配ない程度に摂ることはできています。

また、味噌はナトリウム含有量が多いですが、
大豆ペプチドによる吸収率の低下やナトリウム以外のミネラルも豊富ですので、
味噌から摂取するナトリウムは
通常に摂取するナトリウムよりも吸収が少なくなるとされています。

ナトリウムは、日本古来の保存食や調味料である醤油、味噌に多く含まれます。
また、インスタント食品、加工食品にも多く含まれるので過剰摂取が心配されます。

激しい運動や労働で急性の欠乏はあっても、
普通の食生活では欠乏することはほぼありません。

それではナトリウムが足りなくなったらどうなるのでしょうか。
神経痛、精神異常、熱病、吐き気、めまい、けいれん、
循環する血液量が減少したり筋力が低下したり、
副腎機能の低下することなどが考えられます。

特に、激しい運動等による発汗などによりナトリウムが欠乏すると、
筋肉からナトリウムが奪われて浸透圧が変化し、
筋肉に痛みが生じるほか、脱水症状、嘔吐をともなう食欲不振、極度の疲労などの症状があります。

ただし、普通の状態で足りなくなることはまずありませんが
ひどい下痢や嘔吐・発汗のあとでは不足することもあります。

逆に、ナトリウムを過剰にとってしまっても
通常は尿からの排泄が増加してコントロールされるので、
過剰症は起こりにくいです。

しかし、慢性的なナトリウムの過剰摂取が続くと、
高血圧、胃ガン、動脈硬化といった生活習慣病や腎臓病を誘発する原因となるといわれています。
ただし、高血圧は最初に述べたとおり、実はあまり関係がないといわれています。

さて、最後のミネラルの話が終わりました。
小冊子に是非入れてほしい内容があればコメントで教えてくださいね。
価値あるものを作りたいので。

それでは、あなたが元気になれますように。

最初にちゃんとしっかりクリックしてくれましたか?忘れちゃった人は、困っている人を助けると思って、人気ブログランキングのクリックをお願いしますね!

2007年4月28日
ただしん
| ただしん | 食事 | 12:26 | comments(4) | trackbacks(5) |
下枠
バランスのミネラル「カリウム」
最初に、本当にお待たせしました。

前回の更新から10日もあいてしまいました。
その間励ましのメールや私のことを心配してくださるメールを頂きまして、
本当にうれしかったです。

でも、忙しいからといって
そのような声に応えることが出来なかったわけで、
ほんとうに申し訳なく思っています。
「このブログどういう風にしたらいいのかしら」
と今考えているところです。

10日間もあいてしまったためそのお詫びの意味と、
また一つのミネラルで一回にしたほうがいいだろうと思いまして、
今回はいつもより長めの更新としました。

さて、
今まで口うるさくバランスが大切といってきましたが、
今回お話しするのはそのバランスをとるために存在するミネラルです。

もちろん全てのバランスというわけではありませんが、
いろんなバランスを保ってくれています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
みんなでミネラルの勉強する前に、今日もこちらをクリック!あなたのクリックで、このブログが上位になり、良い情報がより多くの人に伝わり、正しい健康の常識が拡がり、その結果より多くの人が健康で幸せになれます。人気ブログランキングを宜しくお願いします。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

あなたの体は前回お話したように細胞からできています。
その細胞は膜で包まれ、
細胞の中と外は区切られているのです。
で、中と外の違いはというといろいろあるのですが、
中はナトリウムが薄くてカリウムが濃く
外はナトリウムが濃くてカリウムが薄いです。

普通何もなければナトリウムとカリウムの濃さは同じになるのですが、
細胞を包んでいる膜がすごい機能を持っているために
ナトリウムとカリウムのバランスが崩れたとしても
その濃さを保つことが出き、正常な細胞活動をすることができます。

実は何を隠そう、カリウムは「バランスのミネラル」と呼ばれているのです。
その名の通り、あなたの体の中のさまざまなバランスを保ってくれています。

まずは、このナトリウムとカリウムの濃さを一定に保つための仕組みを説明します。

細胞の中に本来少ないはずのナトリウムが多くなると、
細胞膜の中と外の濃さのバランスが崩れます。
この濃さのバランスが崩れると浸透圧のバランスがくずれ、
細胞は中から外に引っ張られるような力を受けます。

この浸透圧のバランスが極端に崩れると細胞が破裂してしまうので
浸透圧のバランスを保つことが必要になります。

細胞の外から細胞の中へ水を取り込めば、
細胞の中は本来のナトリウムの濃さに整えられ、
濃さが整えば浸透圧のバランスも改善されます。
しかし、次は水が細胞の中に大量にある状態になってしまうため
この状態も極端に進めば細胞が破裂してしまうので本末転倒です。

そこで、細胞は生命を維持するために細胞の膜にポンプをもっており
そのポンプを使って細胞の外にナトリウムを汲み出して
カリウムを取り込むことができます。
そうすることで、浸透圧のバランスは保たれることになります。

ちなみに、このポンプはあなたの体の中で常に動いており、
ナトリウムは細胞の外に汲み出され、
カリウムは細胞の中に取り込まれ続けています。

このナトリウムとカリウムのバランスを保つことは
浸透圧を保つだけにとどまりません。

なんらかの原因で体液の酸・アルカリのバランスが崩れた時は、
細胞の中と外でカリウムとナトリウムのやり取りが行われ、
体液の酸・アルカリのバランスを回復しようとします。

また、ナトリウムやカリウムが細胞に出入りすると
神経細胞や筋肉細胞は興奮し、
神経刺激を伝達したり、筋肉を収縮させたりします。

そのおかげで心筋の働きが正常に保たれ、
心臓は鼓動のリズム整えることが出来ます。
一方、神経は刺激の伝達をスムーズに調整することができます。

このように、さまざまなバランスが
ナトリウムとカリウムのバランスを保つことで整えられ、
細胞が生き生きと機能し、
私たちのからだが生命を維持することができることになります。

他には、カリウムは細胞内においてさまざまな物質代謝を活性化しています。
代謝を円滑に行うためには酵素の協力が必要ですが、
実は、多くの酵素がカリウムにより活性化されることが知られているのです。
例えば、血糖が糖質やグリコーゲンに変化するときに必要とされます。

さらに、カリウムは腎臓の老廃物の排出を助けます。
そのため、尿や便、汗にカリウムは含まれています。
特にその70〜90%は尿として排出されます。

こうして、カリウムが体外に排出されるのは
老廃物を排出するだけではありません。

例えば、あなたがカリウムは大事だと思って
沢山のカリウムを摂ったとしましょう。
そのままではカリウム過剰な状態になってしまいますが、
実は、あなたが摂ったカリウムとほぼ同量のカリウムが尿中に排出されるのです。
この排出によって体内カリウム量を一定に保つことができます。

水分の摂りすぎによって排尿が増えたときなどは
カリウムは尿と一緒に排泄されてしまうため
十分にカリウムを摂る必要があります。

さて、細胞の中に存在するカリウムですが、
実は98%ものカリウムが細胞中の体液に存在します。
特に、血球、筋肉、臓器の細胞に多く存在しています。

カリウムは、体内で体重1kgあたり2gほど存在しているといわれ、
体重60kgの人では約l20gのカリウムが全身に分布しているといわれます。

また、体内のカリウム量は、
男女とも20歳前後をピークに以後、
年齢が高くなるにつれて徐々に減少してきます。

目安としては1日に2〜4g摂るのがいいとされています。
多くの食品にカリウムは含まれているため欠乏症にはなりにくいといわれています。
ただ、外食に頼る方や偏食をする方の場合は、
欠乏症に陥りやすいので注意が必要です。

多くカリウムを含む食品は
野菜類、いも類、果物類などの植物性食品や藻類です。

ただし、カリウムは水に溶け出てしまったり、
調理で失われやすいです。
煮物の場合は約30%も失われるとされています。

さらに、食塩や、コーヒー、お酒、甘いもので
カリウムはからだの外に排出されますし、
尿や汗などからも体の外に排出されるので
沢山摂ったからとうぶん摂らなくていいって言うようにはならないのです。

そこで、どのようにすれば、
もっと効果的にカリウムを取ることができるかといいますと、
やはり良いとされるバランスが存在するのです。

それは、ナトリウムに対してカリウムは2:1以上がというものです。
これを目指してがんばりましょう。

では、カリウムが不足するとどうなるのでしょうか?

カリウムはバランスのミネラルですので
あなたの中のさまざまなバランスが崩れ始めます。

その結果、
発汗によって低カリウム血症となり、
筋肉の働きが鈍くなり、むくみになりやすく、疲れやすくなります。
その上、便秘や喘息になり、食欲もなくなってしまいます。。

他にも、不整脈・心不全・排尿困難・手足のけいれん・
低血糖・糖尿病・癌・関節炎・高カルシウム血症などの症状を
引き起こす事がわかっています。

そりゃ大変だと思ってカリウムを沢山摂ると
どうなるのでしょうか?

「どうせバランスが崩れてダメなんでしょ?」
という声が聞こえてきますね。
さすがこのブログの読者さんですね。

でもですね、健康な人は、
食事として通常の5〜10倍のカリウムを摂取しても、
細胞の中に一時的に蓄えられるか、
腎臓の働きで尿中への排泄されるため
心配はありません。

腎臓さまさまなわけです。

しかし、腎臓や副腎の機能のわるい人では、
カリウムの排泄がうまくいかず、
高カリウム血症をおこす危険があります。

高カリウム血症とは
普段カリウムが薄いところのカリウムが濃くなったり
体の中のカリウムの総量が異常になって、
心臓の調子が悪くなるというものです。

そのため、生命維持に危険性があります。
他にも心不全、胃腸の不調、下痢、感覚異常、脱力感、弛緩性麻痺などが引き起こされるといわれています。

ただし、いくら腎臓がカリウムを排出してくれるからといって、
1日に約18gのカリウムを摂ると高カリウム血症になるようです。

やっぱり、いくらなんでも摂りすぎはダメってことですね。

さて、世間ではナトリウムを摂りすぎると高血圧、
カリウムを摂り過ぎると低血圧になるといわれていますが、
実はそんなことないということがわかっているので、
世間のその常識については触れませんでした。

これについては
ナトリウムにも絡んだ内容であるため、
次回のこのブログで紹介する最後のミネラル「ナトリウム」のときか
また改めて紹介しようかと思っています。
お楽しみにしておいてくださいね。

それでは、あなたが元気になれますように。

最初にちゃんとしっかりクリックしてくれましたか?忘れちゃった人は、困っている人を助けると思って、人気ブログランキングのクリックをお願いしますね!

2007年4月21日
ただしん
| ただしん | 食事 | 09:14 | comments(3) | trackbacks(4) |
下枠
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

スペース bolg index このページの先頭へ
スペース スペース
スペース