blog index

元気になるブログ

今世の中に間違っていた健康情報があふれ、毎日あなたの健康を失っています。私と一緒にあなたが毎日の生活で失っている健康を取り戻し、3つの視点から本当の健康を手に入れましょう。
気になったり、知りたいことはコメントやメールで教えてください。
<< 実はあなたの大事な味方「塩素」 | main | もう牛乳は飲まないでください >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
下枠
野菜だけでは不健康になります「コバルト」
3/4ははまだ3月も始ったばかり、
ひな祭りが終わったところなのに
汗ばむ陽気でしたね。

今年の東京は雪が降らなかったし、
2月に春風一号も吹いてしまったし、
すでに花粉もかなり飛んでいるし・・・
これも地球温暖化の影響なのでしょうか。

この前見た映画に不都合な真実という映画がありますが、
これは地球温暖化についてすごくわかりやすく説明している映画です。

もちろん鵜呑みにするわけにもいかないのですが、
地球温暖化に興味がある人には
お薦めの一本です。

前置きはこのくらいにして、
今日ご紹介するミネラルは「コバルト」です。

その前に、
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
みんなでミネラルの勉強する前に、今日もこちらをクリック!あなたのクリックで、このブログが上位になり、良い情報がより多くの人に伝わり、正しい健康の常識が拡がり、その結果より多くの人が健康で幸せになれます。人気ブログランキングを宜しくお願いします。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

コバルトも私たちの体に必要なミネラルの一つなのです。

実はあなたの体内にあるコバルトの85%は
まだどのように働いているかはっきりとはわかっていません。
まだまだ謎のベールに包まれているミネラルなのです。

今回はわかっている残り15%のコバルトの働きについてお話したいと思います。

コバルトの多くは
今のところビタミンB12に含まれていることしか確認されていないため、
その働きはビタミンB12によるものと考えられています。

それではビタミンB12はどのようにあなたの体の中で働いているのでしょうか。

ビタミンB12は別名「赤いビタミン」と呼ばれています。
どうして赤いビタミンかといいますと、
ビタミンB12は骨髄の造血系において、
ヘモグロビンの合成に関与すると言われているからです。

つまり、血を作るにあたって不可欠なビタミンがビタミンB12なのです。

また、ビタミンB12は
きわめて多くの酵素系に対してその活性を高めるための補酵素として
働くことがわかっています。

さらに、神経線維の保護を行い、
神経の働きを活性化したり、
バイオリズムを整えたりします。

そんなビタミンB12は
基本的に骨・すい臓・肝臓に蓄えられ、
胆汁中に排泄されます。

そして、ビタミンB群は人の腸内でも作ることができるのですが、
B12だけはどうしても作ることができないのです。

コバルトはビタミンB12似存在するものをはじめとして
体中に存在するのします。
その総量は全体で約1.5咾砲覆蠅泙后

まだまだ、その機能がはっきりわかっていないため
これといった決められた摂取量は決まっていません。

でも、だからといって摂らなくてもいいというわけにはいかないようです。

以前、オーストラリアやカナダで、
羊や牛が貧血や筋萎縮をおこして死亡する病気がありました。
最初は、この死因は地方病と考えられたのですが、
この病気にコバルトが効果のあることがわかりました。

この事件を発端に
コバルトがビタミンB12の構成成分であることがわかり、
悪性貧血を防ぐ働きに注目が集まり、
コバルトはあなたに必須なミネラルであることがわかっています。

それでは
どうやったらコバルト不足にならないかということが気になります。

基本的には、
ビタミンB12を多く含む食品をとっていれば問題はありません。
つまり、レバーや肉類、魚介類、乳製品など動物性食品を食べていればいいのです。

さらに、鉄が欠乏すると、
鉄とコバルトは化学的性質が似ているために、
よく吸収されます。

一方、植物性食品には、
基本的にビタミンB12はありませんが、
例外として納豆、もやしなどに含まれています。

また、ビタミンB12の構成成分にならないコバルトは葉菜類に豊富に含まれます。

ということで、コバルト不足に注意してもらいたいのは
厳密に菜食主義を守っている人なのです。

では、コバルトが不足するとどうなるのでしょうか?

コバルトが足りない場合、
ビタミンB12が足りないときのすべての徴候および症状を伴い、
さまざまな吸収障害が多く見られます。

最も一般的な欠乏症は悪性貧血で、
コバルトを補充しても治療できないのですが、
十分に与えることによって腸管のビタミンB11(ビタミンB12と葉酸の混合物)の吸収力が増強されることで、
悪性の貧血を和らげます。

また、気分がふさぎ鬱になったり、
精神的に不安定になることでイライラしたりします。
そのため、集中力の低下に繋がることもあります。

他にも、食欲がなくなったり、吐き気がしたり、消化不良になったりすることがあり、
体重が病的に減ることもあります。
そして、体力が低下し免疫力がなくなります。

うーん、これはコバルトが足りないと日常生活に大きな影響がありますね。
きちんと摂らないとなりませんね。

では、逆に摂り過ぎるとどうなのでしょう。

実は、コバルトを摂り過ぎると問題があるかどうかはわかっていません。
可能性としては、不眠に悩まされたり、
疲労感が蓄積されるのではないかといわれています。

こうやって話を聞くと
コバルトは15%しかわかっていないのか・・・
て思われるかもしれませんが、
今の科学ではわかっていないことが山のようにあるんです。

コバルトは比較的わかっている方なんですよ。

それでは、あなたが元気になれますように。


最初にちゃんとしっかりクリックしてくれましたか?忘れちゃった人は、困っている人を助けると思って、人気ブログランキングのクリックをお願いしますね!

2007年3月5日
ただしん
| ただしん | 食事 | 00:42 | comments(4) | trackbacks(1) |
下枠
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:42 | - | - |
下枠
上枠コメント
コバルトなんか、放射線のイメージがあるのは僕だけでしょうか。大切なんですね。しかし、人体ってまだまだ知られてない物なんですね。
| みん | 2007/03/05 8:56 AM |
僕はコバルトは充分摂ってるようです(笑)
よく眠れるから摂りすぎってこともないみたい・・
なんかちょっと安心しました。



現在31位、アップ中、おめでとうございます。
ちゃんとクリックしときました〜。
| ひらがな | 2007/03/05 7:53 PM |
コバルト、知りませんでした・・・汗
でも大事なんですね。
野菜だけの生活は確実にしてないので大丈夫そうですが
| バーガー | 2007/03/05 10:39 PM |
> みんさん
確かにコバルトには放射能を持つものもありますよね。
でも、それだけがコバルトではなくて、色んなコバルトがあるんですよ。同位体の間でその特性は大きく変わったり、存在する形で人体に良いことをしたり、悪いことをしたりとちょっとの差で大きな差を生み出します。

> ひらがなさん
それは良かったです。
でも、良く眠れるってことは、神経が落ち着いているってことでしょうから、コバルトだけの影響というわけではないんですよ。色んなものが絡み合って神経を落ち着かせているもので。
クリックありがとうございます。

> バーガーさん
いろんな大切なものがあるので、いろいろ知っておくといいと思います。これからもいっぱい紹介していくので楽しみにしていてくださいね。

| ただしん | 2007/03/09 12:34 AM |
上枠コメントする


下枠
上枠この記事のトラックバックURL
http://www-genki.jugem.jp/trackback/36
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/22 11:12 AM |
下枠
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

スペース bolg index このページの先頭へ
スペース スペース
スペース